Macで投資2  FXの必需ソフト、MT4をMacで使おう(XM編)

macで投資02

前回は、トレード用として実際にMacBook Airを購入しました。
今回からは、株やFXほか、様々なトレーディングソフトを使う方法をレポートしてみたいと思います。

まずはFXの必需ソフト、MT4をMacですぐに使う方法をご紹介します。

「Macで投資」シリーズは、現在以下の記事がございます。併せてお読みください。

Macで投資1 トレード用MacBook Airを購入

2015.07.25

Macで投資3 Mac環境で全ての会社のMT4を動かす(Wine編)

2015.08.29

Macで投資4 FusionでMT4を動かす

2017.01.01
※この記事は2015.8に書かれた後、定期的に改正されています

MacMT4を導入する方法

FXの世界では普及率No.1のチャートソフト、MT4。
MacBook AirにMT4を入れる手段として以下の方法があります。

1、BootCampを使ってWindowsを入れてからMT4を起動(Win環境下で動作させる)

2、有料ソフトを使ってWindowsをブートしてからMT4を起動(Win環境下で動作させる)

3、Mac対応のMT4を提供しているFX業者のMT4を使用

4、PlayOnMacなどのソフトを使ってOSXのままMT4を起動

こんなところでしょうか。 今回は一番簡単そうな3から試してみましょう。

「XM(エックスエム)」社のMT4はMacでそのまま使える

MacでMT4を導入しようと検索して見ると、
まず目に飛び込んでくるのがこの「XM」と言う海外のFXの会社。

その他の証券会社も調べてみました。
オリジナルのチャートソフトに関してはMac対応のものも増えていますが、
MT4は基本はWinのみ対応のようですね。
(2016年9月28日に「FXTF」社が「FXTF MT4ウェブトレーダー(Mac対応可)」を
リリースしましたが、こちらはweb版で一部機能が制限されますので、後述します。)

ところが、XMのMT4は、そのままMacへの導入が可能とのこと。

検索で出てくるサイトはアフィリを絡めた口座開設サイトが多く、
「口座開設しないとMT4は入れられません」と書いてある場合がありますが
直接会社にアクセスしてみたところ、開設前でもMT4は導入できるようです。

http://www.xm.com/jp/

MacにXMのMT4を導入する手順

サイトトップページからMT4ダウンロードセンターをクリック

ダウンロードをクリック

ダウンロードしたファイルをダブルクリック

するとこのような画面になります。
Macユーザーには、アウェイの地からホームにやってきたくらい
ほっとする画面ですが、いかがでしょうか。

XMインストール画面

「XM」と書いてあるアイコンをアプリケーションフォルダへドラッグ&ドロップ

アプリケーションフォルダ内に「XM」のアイコンができるのでコレをダブルクリックするとMT4起動

終了

※毎回アプリケーションフォルダを開くのは面倒ですので
エイリアス(ショートカット)を作成してデスクトップ上に出しておくかドックに入れておくと便利です。

「開発元が未確認のため開けません」の対処法

「“XMTrading”は、開発元が未確認のため開けません。」というアラート画面が出た場合の対処を書きます。

XM注意画面

Macの左上のアップルマークより、
システム環境設定→セキュリティーとプライバシー→一般タブ
まで行き「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」のところを
「すべてのアプリケーションを許可」にチェックを入れて下さい。チェックが入らない場合は
下の方に「カギ」マークがありますので、そこをクリックするとチェックが入るようになります。
これでどんなアプリでも開けるようになります。
万が一、開けなかったらチェックが入っている事を確認しPCを再起動して下さい。

また、「すべてのアプリケーション」に対し許可をする事に抵抗があるようでしたら
XMのアプリを、Controlキーを押しながらクリックします。
『“XMTrading.app”は、開発元が未確認です。開いてもよろしいですか?』
と出てきますので「開く」を選択します。
こうすると開きたいアプリだけを開く事もできて便利です。

XMに外部データ(インジケータや定型チャート等)を入れたい場合

windowsで使用するXMでは、インジケータ等の外部データは「データフォルダ」にインストールして使用しますが、
Macで使用するXMでは、「データフォルダ」にアクセスしようとするとはじかれてしまいます。
この場合、以下の手順で外部データを簡単にインストールすることが可能です。

Macのアプリケーションフォルダを開く

XMのフォルダを右クリック

「パッケージの内容」を表示を選ぶ

drive_c

Program Files

XMTrading MT4

データフォルダが開くので、
入れたいファイル(EA、インジ、定型チャートなど)を
ExpertsやIndicators(MQL4内)、templatesのフォルダにそれぞれ入れる。

MacMT4を起動してみよう

さて起動してみると・・・

まず、ログインウィンドウの文字化けがみられるかもしません。

xmログイン
文字化けしていないログインウィンドウはこちらです。(windows起動時)ご参考ください。

xmログイン画面

 

他にも一部文字化けが発生しますが、概ね通常通り使用できるようです。
2015年記載時には広範囲で文字化けが確認されましたが、2017年現在は問題なく使用できる程度になっています。)

文字化けのみられた箇所をを下の図で解説しましたので、ご確認ください。

xmチャート

MacBook AirでXMのMT4を使った感想

インジケータもちゃんと表示できますし、ラインも引くことができます。
(画像は2015年記載時のもので、文字化けが多く発生しています。)

macでmt4macでmt4

次に、前回の記事で購入した、MacBook Airでの動作感についてです。

前回記事で購入したMacBook Airのスペックはこちら。

・13インチ
・1.6GHzデュアルコアIntel Core i5
・フラッシュストレージ128GB
・メモリ4GB

シリーズの中ではロースペックですが、
MT4を動かし、他にネットを開いたりしても、特にストレスは感じません。
(キャプチャ画像は土曜日になっていますが、平日に動作確認をしています)

※追記
楽天証券の、Mac対応の株式トレーディングツール
「MARKETSPEED for Mac」も動作確認をしましたが、全く問題なく動作しています。

「FXTF」社では、Mac対応としてウェブ版MT4をリリースしている

一方、2016年9月28日に、株式会社FXトレード・フィナンシャル(FXTF)が、
「FXTF MT4ウェブトレーダー」をリリースしています。
同社における通常のインストール版MT4は、Macに対応していませんが、
ブラウザ(InternetexplorerGoogleChromFirefox等)でアクセスする仕組みにより
WindowsでもMacでもMT4の利用を可能としました。

FXTF MT4ウェブトレーダーの特徴
1.MetaTrader4の操作性を驚くほど再現!
2.ダウンロード不要
3.MACでも利用できる
4.1クリックトレード
5.チャート上で指値/逆指値注文の変更ができる
6.30種類以上インディケータを標準搭載!豊富な描画機能で水平線、
7.トレンドライン、並行チャネルはもちろん、フィボナッチまで網羅!

引用:FXTF http://www.fxtrade.co.jp/

逆に、「EAの利用や、外部インディケータのインストールはできません。」という
デメリットもあります。

実際に利用してみましたので、感想をまとめておきます。

FXTF MT4ウェブトレーダーの使用感想

・動作がスムーズ
・IDとパスさえあれば、どのPCからもアクセスできて便利
・複数のチャートを同時に表示ができない(1画面ずつ)。タブで簡単に切り替え可
・ラインなどの描画機能は使える
・ブラウザを閉じ再度アクセスしても前回の表示(ラインやインディケータ)は消えずに再生
・定型チャートの保存は不可

FXTFチャート

文字化けも起こらず、MacやWinなどPCさえあれば気軽に利用できる点は良いですね。
しかし、ブラウザでアクセスするために、インディケータのデータを加えたり、
定型チャートを保存したりという動作は一切できないようなので、限定された使い方となりそうです。

XMMT4まとめ

いかがでしょうか。
Mac
MT4の全ての機能を使う、もっとも簡単な方法が、このXM社のMT4を普通にインストール
することのようです。

一部文字化けしてしまうことを除けば、windowsでの使用感と変わりませんので
Mac環境で手っ取り早くMT4を使用したい場合はおすすめです。

7 件のコメント

  • XMのMT4をインストールしたのですが、以下のようなコメントが出てきまして、開けないのです。

    “XMTrading.app”は、開発元が未確認のため開けません。
    “セキュリティ”環境設定でインストールが許可されているのは、Mac App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションのみです。

    誠、申し訳ないのですが、これはどうやったら、許可を取れるのでしょうか?
    教えて下されば幸いです。

    私のPCは、Mac Airの13インチで、同じものです。

    宜しくお願い致します。

    • 藤林イザヤ様

      コメントありがとうございます。
      セキュリティ環境設定のご質問ですが「Macで投資2」では記載しておらずご迷惑をおかけしました。
      設定のやり方ですが
      システム環境設定→セキュリティーとプライバシー→一般タブ
      まで行き「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」のところを
      「すべてのアプリケーションを許可」にチェックを入れてください。
      「すべてのアプリケーションを許可」にチェックが入らない場合は
      下の方に「カギ」マークがありますのでそこをクリックするとチェックが入るようになります。
      コレでどんなアプリでも開けるようになります。
      万が一、開けなかったらチェックが入っている事を確認しPCを再起動して下さい。

      また、「すべてのアプリケーション」に対し許可をする事に抵抗があるようでしたら
      XMのアプリを、Controlキーを押しながらクリックします。
      『“XMTrading.app”は、開発元が未確認です。開いてもよろしいですか?』
      と出てきますので「開く」を選択します。
      こうすると開きたいアプリだけを開く事もできます。

      「Macで投資3」の方には記載させて頂いておりますので合わせてご確認下さい。

      • 藤林イザヤです。

        丁寧な解説を頂きまして、有り難うございました。本当に助かりました。
        お陰様で、無事、起動することができました。本日、初めてトレードをやってみることができました。

        後、1つだけ、お尋ねします。XMで、取引をするのですが、文字化けは、やはり、英語にする以外に解消法はないですか?この点だけ、お教えください。もう英語になれれば良いかなと思いつつ、おりますので。

        • 藤林イザヤ様

          コメントありがとうございます。
          XMの文字化けを直す方法ですが、やや手間のかかる作業が必要です。

          大変お手数をおかけしますが、
          「MAC MT4 文字化け」で検索をかけていただけますと、
          図入りで詳細に説明をしてくださっているサイトが多くありますので、
          ご確認下さい。
          よろしくお願いします。

          • 済みません。

            文字化けと同様に、検索にチャンとありました。
            皆さん、同じことで、悩んでいらっしゃるのですね。

            これで、完璧です。

            解消できました。文字化けは消え、インジケーター、テンプレートも、チャンと導入できました。

            有り難うございました。

          • 有り難うございました。日本語の文字化けについては、対処致します。

            もう1点だけ、宜しいでしょうか?

            特別にインジケーターやテンプレートなどを、コピペしたいのですが、WINE APPと表示されていて、いわゆるペーストが効きません。

            こういう作業はなさったことがありますか?

            もし、先日の外部ソフトのロック解除のように、MT4自体にも、ロックがかかっているとしたら、どうやった外したら良いのでしょうか?

            もし、ヒントなり、頂戴出来ましたら、幸甚に存じます。

  • 藤林イザヤ様

    「色々なサイト等で配布されているカスタムインジケーター等をご自身のMacのMT4へ追加する」という解釈でよろしいでしょうか?
    それでしたらEasyWineからではなくmuCommanderからMQL4へアクセスしIndicatorsへ入れる事により追加可能です。
    これらを導入する場合はWindows同様、各々に合った拡張子になっている事をご確認下さい。
    当方の環境下でもオリジナル・インジケーターや拾ってきたインジケーターを表示させております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA