話題のHYIPが気になる方へ 実際にやってみました

話題のHIYPが気になる方へ

ビットコインの裏で密かに流行っている投資(詐欺)案件「HYIP(ハイプ)」を実際にやってみましたのでご紹介します。

HYIP」はHigh Yield Investment Program」(高収益投資プログラム)の略で、
日利が数%以上という、非常に大きな利回りが期待できる投資商品です。

1日数%の配当利回りとは、一般的な投資の知識がある方なら、いかに常識外の数値であるかわかるかと思いますが

そこには当然色々なカラクリが潜んでいます。

今回は、「HYIP」に興味があり、押さえておきたいという投資家の方へ
本記事で実際に行った結果なども参考に、知識として得ていただければと思います。

また、その仕組みなどから、投資初心者やお年寄りの方の参入は避けた方が良いことを伝えることが今回の主旨となります。

内容は全て当方の独自見解であることをご理解ください。

日利数%HYIPで儲かるのか否か

HYIPの全体像が素早くわかるようQ&A式で書きました。

Q.日利数%とは本当か HYIPは儲かるのか
A.投資先のHYIPが運営している間は本当で、結論から言うと儲けることは可能です。

Q.HYIPで大金を儲けることは可能か
A.ギャンブル的に単発で儲けることは可能です。長期的には不可能です。

Q.会社はどのような運用方法で利益を出しているの?
A.明記されていない所が多く、明記されている場合も、調べる術はなく信憑性はありません。

Q.詐欺ですか?
A.多くのサイトは数ヶ月内には消滅しますので、自ずとそのような判断になります。
一般的にはポンジスキーム(別の出資者から新たに集めたお金を以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡す)での運営と言われています。
元本保証等、サイトの謳い文句は虚偽がないか調べる術がなく、読み飛ばす程度で考えて良いと思われます。

Q.どこに儲ける糸口があるの?
A.HYIPの新規案件を立ち上げるのに、会社は資金や人件費を捻出しています。
それら必要経費の回収と、さらに利益を出さなくてはいけませんから、オープンしてから暫くは通常運営が見込まれます。

つまり、HYIPの投資に対するアドバンテージは「新規案件への先行投資」がメインになります。

大まかなイメージが掴めましたでしょうか。
寿命が短いHYIPが殆どです(稀に長いHYIPもありますが)ので、複利による長期運用には向いていません。(回収前に飛ばれることが多々あります)
単利運用だとしても、大金は入れづらい案件ですので、結局のところはあまりメリットがあるとは言えません。

イメージとしては、最後に胴元が全て回収するカジノに近い感覚です。

どうしてもHYIPで稼ぎたい場合は、新規案件や、息の長い案件に、少額づつの分散投資が向いていそうです。
ただし、大量のHYIP案件を管理することで多くの時間を取られ、また特に勉強になる類の投資ではありませんので、その辺りを考える必要があります。

以上から、投資初心者や、ご年配の方の参加には全く向いていませんので、ご注意ください。

2月末からオープンの「NORDE BANK(ノルデバンク)」をやってみました

最初にお断りさせていただきますが、HYIP投資及び「NORDE BANK」等特定商品をお勧めするわけではなく、
あくまでもこういったハイリスクの案件に興味がある人へ参考になればという記事になります。
ですから、デメリットなども気が付けば全て書いていきます。

NORDE BANKのサイトへアクセス

トップページは以下のようなデザインです。
HYIP案件はどれもサイトの作りこみが良く、「運営方針」や「会社概要」などもよく考えられています。

ここで注目すべきは、それらの情報を読むことよりも(信憑性はないので)サイトを制作する上での労力です。
制作に時間がかかっていれば、それだけ飛ぶまでの期間に少し時間稼ぎになると考えられます。

ノルデバンク01

投資プラン

プランはよく確認をしましょう。また、元本が戻るかどうかは、必ずチェックしておきます。
NORDE BANKは満期後に出金可能だそうです。)

  • Leasing 日利2%(15日間)・・・$25~$100,000
  • Factoring 日利2.5%30日間)・・・$500~$100,000
  • Real Estate 日利3%60日間)・・・$1,000~$100,000
  • StatUp 日利3.5%(100日間)・・・$10,000~$100,000
ノルデバンク02

取引までの流れ

どのHYIP案件も、紹介報酬を目的とした、丁寧な解説サイトが沢山存在します。
解説サイトは検索すれば簡単に出てきますので、もしも実際に取引をしたい場合は、そちらをご確認ください。と言ってもそれほど難しいものではありません。

このサイトではは流れだけざっくりとご紹介します。

HYIPにアカウント作成(身分証明書等は無し)」

「ビットコイン取引所サイト”bitflyer(ビットフライヤー)”にて、現金をビットコインに変換」

HYIP口座へビットコインを送金」

「取引開始」

「満期後、出金」

入金してみました

今回は、すでに3月も半ばを過ぎていたので、一番短いコースを選択しました。

Leasing 日利2%(15日間) 3/14スタートで、
2500$を取り敢えず入金。bitflyerからの送金で、送金から30分程度で入金できました。

支払い方法はPerfectMoney Payeer AdvCash Bitcoin(ビットコイン)とあります。
中では信用度の高い「Bitcoin」を選択しますが、ビットコインの急変動による為替差損などが必然的に絡んで来ることになります。
ビットコインを介する理由ですが、脱税などが絡んでいる可能性も考えてしまいますね。

以下入金が確認できました。結果的に2ビットコインを入金しましたが、2000$表示になりました。
(この時のレートは1BTC1100$ ですが。。
この辺りのカラクリも出金時にはっきりするでしょう。)

ノルデバンク03

入金までは以上です。では、次回、15日後にどうなっているかを見てみます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA