仮想通貨の投資はもう遅い? いいえ、たぶんこれから。

仮想通貨の取引はもう遅い? いいえ、たぶんこれから。

仮想通貨の投資は、今や誰でも参加ができるものとなりました。
1月26日に発生してしまった、コインチェック社の史上最大の580億円相当分のコインハッキング被害により
あらためて多くの人々が、仮想通貨に関心を寄せていると想像されます。

仮想通貨の取引に興味がある、または初心者だがやってみたいという方へ
「仮想通貨への投資はもう遅いのか」についてあらためて考えてみました。

結論から言うと、「仮想通貨の投資に参加するメリットはとても多い」上に
「これからが本当の投資である」と考えます。しかも、本当に簡単。ネット上で買うだけ。

※2018年時点の記事です

仮想通貨への投資は、メリットも多い

仮想通貨(暗号通貨)の中核となる技術(ブロックチェーン)は革新的であり、
多くの大手銀行や金融企業を筆頭に、ブロックチェーンの技術や仮想通貨の採用が検討されています。

まだ試験段階中であり不透明感があることは確かで、
仮想通貨それぞれの適正価格を想像するのはかんたんではありません。
しかし、現在も世界中で日々発信される情報をつなぎ合わせ、少しでも将来性のある銘柄を選ぶことができれば、今後も大きな上昇と利益が得られる可能性はあります。

また、投資は懐疑的な人が多い状況にこそ妙味があるといえます。
まだまだ初期の発展段階だとすると、「仮想通貨への投資はまだこれから」
昨年のバブルが終了し、むしろここからがスタートではないでしょうか。

ここで、仮想通貨への投資のメリットをまとめてみます。
仮想通貨投資メリット1.仮想通貨は誰でも少額から持つことができる 
株のように大金を必要とせず、追証も発生せず、FXのようにレバレッジ(自分のお金を証拠金として、何倍もの金額分の取引ができること)を前提とする難しい取引でもない。資産の大小に関わらず、数千円から誰でも参加することができます。

2.購入した仮想通貨が例え暴落して10分の1になっても、投資した金額が10分の1になるだけ
現物取引なので、追証も発生しません。基本はできるだけ安そうなところで、無理のない資金で買って、上がるのを待っているだけです。
 
3.10倍、100倍と、どのような金融商品でも簡単には叶わない上昇の可能性を秘めている
 
4.最先端の仮想通貨の技術やニュースに敏感になり、学ぶことができる

5.買って待つだけ! 上がるかどうかのワクワク感がある

上記から、あまり神経質にならず、気軽に購入できる要素が多いのではと思います。
購入しておくだけで、もしかしたら大きく跳ねる可能性があるもの、と考えるとワクワクしませんか?

では逆に、デメリットをまとめてみます。
仮想通貨投資デメリット1.取引所の破綻のリスク 

2.外部からのハッキングリスク

3.日本国内での取引規制が強まるリスク

たとえ失敗したとしても投資した金額が無くなって終わりです。
そもそも、「無くなると切実に困るお金を投資すること」は筋が通りませんから、自分の許容範囲内で行うことは鉄則です。

ハッキングリスクについては、資産が増えたなら、部分的に法的通貨に変えて出金、
またはハードウォレットへの移行など自らで資産を守る工夫の必要があります。

何を材料として仮想通貨の銘柄を選ぶか

仮想通貨の銘柄の選択について、適当に購入するのではなく
存続できる確率が高い銘柄、上昇すると思われる銘柄を自分で考えて選ぶことが大切です。

初心者の場合は最低限、それぞれの仮想通貨の目的や仕組みを知るところからスタートです。
ネットや動画でもやさしく紹介されているものがすでに多くありますし、
安価なkindleの、投資家などが書いた個人出版の本も意外にオススメです。
出版社を通していないので、無駄にページ数を増やさず、「10分程度」で読めてしまいます。

国内外のネット上のニュースや、仮想通貨の投資家のtwitterなどに目を配り情報収集をします。
自分の投資スタンスにあわせて、心地よい状態で興味を持って調べるといいと思います。

どのような投資であれ「良く調べて、自分の中で納得できる材料を見つける」ことが、最も大切です。

実際に仮想通貨を購入してみよう

現在、コインチェック騒動をきっかけとして取引規制が強まる不安などから、
仮想通貨市場はは大きく下落しています。
逆にいえば、仮想通貨自体の価値が減少したことによる下落ではないので、安く買えるチャンスともいえます。

ここでは試しに一つの銘柄を購入してみました。
(あくまで例であり、特定の銘柄をおすすめするものではありません)
もともと上昇材料の多い「XRP(リップル)」に注目してみました。

リップル社(Ripple, Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州にある、
金融機関の決済に特化したソフトウェアを開発する企業です。
リップル社の開発した送金・決済システム、および基軸通貨(XRP)により
決済にかかる時間や手数料が非常に小さくて済むいう特徴があります。

昨年では、Googleを始め、アップル、マイクロソフトによる出資、国内ではSBI
(SBI Ripple Asia株式会社を設立)の出資をはじめとして多くの銀行や金融機関との提携を結んでいることが
話題となりました。現在も何かしら動きがあり、ニュースに反応しやすいので
「安値圏で持っておくには悪くない」通貨だと思います。

現在のチャートはこのような形です。
(図はビットバンクのチャートですが、ビットバンクは手数料が安く、チャートも使いやすいです。
口座開設に1週間ほどかかりますが、銀行振込の入金から購入は直感的に行え、初心者でも操作に迷うことはなさそうです。)
※2017.2.2時点

xrp_2018_2_2

株や為替のように、チャートも機能するように見えますので64円以下は特に買い場になりそうです。
この記事の現在値付近(70円台)から購入してみました。
さらに下がるなら、30円台まで下落する可能性もありそうです。

今年は去年のような期待先行の急上昇ではなく、ゆっくりとした上昇になるのではないでしょうか。
実用化にかかる年月を考えるなら、500円〜1000円と言われている適正価格(信頼性はまだ十分にあるとは言えませんが)まで、本来は3年から5年以上はかかることが想像されます。
そうすると2018年末には170円付近ではないかと考えています。

仮想通貨への投資は遅くはない

今後、機関投資家が続々と仮想通貨のマーケットに入って来ることも予想されています。

ビットコインを始めとした仮想通貨における2017年の暴騰→2018年の下落は、
最初に一気に期待値が高まり(暴騰)、それが終了する(下落)、といった
投資商品に割によくみられる現象と捉えるならば
仮想通貨自体はまだ開発→実用化がの兆しが見え始めたばかりなので、
現状での適正価格に戻った今、今後は本来の価値を見極めながらゆっくりと上昇していくのではないでしょうか。

ですから、仮想通貨に投資するならば、「むしろこれから」なのではないかと想像します。

しかも、「少ない資産からでも買える」「銘柄選定の材料となるニュースはほぼ誰でも平等に取得できる」「口座開設〜購入は難しくない」
ということで、1歩踏み出せば誰でもできます。
自分の資産を全て注ぎ込んだり、無理な取引はせずに、
「大きくお金が増える」(逆に減ることもありますが)という単純なワクワク感を楽しむことがポイントですね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA