日本ブランドの鞄を相棒にしよう! 人を笑顔にする土屋鞄の魅力

日本ブランドの鞄を相棒に

 先日、打合せ帰りに丸ビルにふらりと立ち寄った。
服飾製品のショップが閑散とする中で、人が店内に溢れる店があった。
店舗の名前は「土屋鞄製造所 丸の内店」、土屋鞄の名前は聞いた事があるが製品を手にしたことは無い。
店内に足を踏み入れると、革のいい香りと、輝くような革製品が所狭しと並んでいた。
目に付いたトートバッグを手に取ってみる。店舗を後にする時には、大きな包みを抱えることになってしまった。
近年、日本の鞄・革製品ブランドの勢いが、少しづつ増してきているように思う。
海外ブランドより時には格好の良い日本ブランドの魅力を考察してみた。

日本ブランドの鞄が格好いい理由とは?

鞄に限らずだが、服飾ブランド全般では海外よりも日本の知名度が落ちる。
国内生産にこだわる場合に大量生産が出来ないことや、マーケティング不足などが理由の一つと思われるが、
品質そのものは海外製と比較して遜色はない。名門タンナーの良い革を選び抜く目や、縫製技術は海外と同等。
日本人特有の職人気質に由来するきめ細やかな品質と、伝統を大切にする国民性が、日本製には表れている。

時には、日本製の鞄には海外製に勝る時さえある。
海外ブランドの高級鞄は品質・造形的に非常に美しく、単純にブランドネームが憧れの対象となる時もあるが、
その鞄の生まれた土地で最も魅力的に見えるように考えられている。

一方、日本ブランドの鞄は海外のデザインにインスパイアされているとしても、
日本人にしっくりくるように微妙にアレンジされており、
日本の風景の中でミスマッチにならずにさりげなく映えるようにできていると思う。
ここがコピー品とインスパイアされた商品との差でもあり、端的に言えば、「粋でお洒落」である。

日本の鞄・革製品ブランドは数多くある

日本の鞄・革製品ブランドは近年増えつつある。(名前が英語なので、海外製と思い込んでいるものもありそうだ)
高品質の製品に甲乙はつけ難いが、特に個性的なブランドをごく一例として、良いところを挙げながら書き出してみた。

 

「一心入魂のもの作りが、質実剛健のタフさを生み出す」

吉田カバンweb参考:吉田カバン http://www.yoshidakaban.com/

吉田カバン
「カバンとは、第一に荷物を運ぶ道具でなければならない」創業者、吉田吉蔵17歳の時の言葉は大変に深い。
吉田カバンはハードな使い方にも耐えるようなタフさがある。とにかく使い勝手が良い。
重い書類を沢山入れても、Macbookを入れても変わらぬ安心感。もし見知らぬ土地に1人旅行をすることになれば、頼れるのは絶対に吉田の鞄。シンプルで機能性重視のデザインは機能美を醸し出す。見せ掛けだけでない、質実剛健ブランドの代表格だ。
アグレッシブに仕事をこなし、前進し続ける現代のソルジャーに。

男性01

 

「クラシカルな風格にオーラが漂う。歴史の中でこだわりが刻み込まれた紳士的鞄」

大峡製鞄web02

大峡製鞄web01参考:大峡製鞄 http://www.ohbacorp.com/

大峡製鞄(おおばせいほう)
皇室の薬箱も製作している大峡製鞄は、「品質と職人技」にこだわり、数々のビジネスバッグや
革小物などを作り続けている日本のしにせカバンメーカー。世界中の最高の革に対する情熱とこだわりにまず圧倒される。
職人歴50年以上のベテランの技術の結晶としての鞄はまさに宝石で、持つ者のオーラを高めてくれる。
真に上質かつ上品なものを持ちたい紳士・淑女にこそ相応しい鞄。

男性02

 

孤高を愛する人間にぴったりの硬派な相棒

万双web

参考:万双 https://www.mansaw.net/

万双(まんそう)
我が道を行きたい人にこそ似合うのが万双だ。そのキャッチフレーズは「世界最高峰の品質」と「常識的な価格」。
独創的でありながら普遍的な粋を語れる革製品メーカーであり続ける万双の製品は、他店と比較すると安い。
それは卸に出さず、販売手数料が乗らない直販のみで顧客に提供をすることに徹しているからだ。
その他にもブランドロゴを刻印しないなど、あくまでも質で勝負しようとするストイックさは、
硬派で我が道を行くような経営者に似合いそうだ。

男性03

他にも個性的な日本のブランドが多数存在するのでぜひ調べてみて欲しい。
和にモダンなテイストを加えた「FUJITAKA」、骨太なデザインの中にもイタリアの色気を含む「GANZO
使用する革の選択や、細部では縫製であったりコバの処理などにもこだわりが伺えて非常に面白い。
なにを基準に選べば良いのかといえば、選ぶ人間の中から来るインスピレーション、これを最も大切にすることが良いのではないだろうか。質や値段に拘りすぎるあまり目が曇るよりも、魅力を感じた鞄こそが、その人に本当に似合う物であったり、ライフスタイルに沿うことが多いからだ。

人を惹きつけて止まない土屋鞄の魅力

冒頭の話に戻るが、日本の鞄ブランドのひとつ、土屋鞄は最近TVなどで取り上げられることも多く、人気は右肩上がりのようだ。
店舗も明らかに客数が多く人気の様子を呈している。その理由とはなんだろうか。

ランドセル制作から培ってきた歴史があること

その製品をずっと愛せる条件の一つとして、背景に歴史があることが挙げられる。
どのようにして生まれた会社で、どのような職人がどんな想いで作り上げているのか。

1965年に、ランドセル作りから始めました。
子どもたちの6年間を支える鞄。
土屋鞄はそこに思い出が宿ることを、いつも考えています。
そのためには丈夫でなくてはならない。
時が経っても、持ち主に似合うデザインでなくてはならない。

この想いをもって、私たちは大人が持つ鞄を作り始めました。

引用:土屋鞄製造所 https://www.tsuchiya-kaban.jp/

職人ふたりの小さなランドセル工房から始まった土屋鞄製造所だが、
50年の間に少しずつ職人を増やし、持ち主が笑顔になる鞄を作り続けている。

店舗におけるホスピタリティが良い

商品を買う時に出来た思い出は、その品物と共にあり続ける。
店舗内が美しく居心地がよかった、スタッフの対応が温かいものであった、紙袋の紙質の手触りがよかった。
些細なことが積み重なって素敵な思い出となり、一層手に入れた品物の輝きが増す。店舗に二度三度と訪れたくなる。

ホスピタリティは当然サイトにも反映されており、見やすさを前提とし、
商品の説明などが実に分かりやすく掲載されている。

鞄のデザインが良い。品物を選ぶ時に最も重要となること

10年程前、当時勤めていた会社の別部所が、
土屋鞄のwebの企画立ち上げを行っていた。認知度がまだ今ほどではなく、
カバンの種類も少なくあまり印象に残らなかった記憶がある。現在は広告展開も盛んだが、それだけではなく
人々が求める物を追求し、「顧客との対話」を通じてデザインを展開した結果が、一番の人気の秘密ではないだろうか。

土屋の鞄はどれもセンスがいい。日本の革ブランドの良い部分は残しながら、野暮ったくならずに絶妙なラインを出している。
しかも、シリーズごとに1つ1つストーリーをもたせていて、Webサイトで魅力的な写真と共に眺めることができる。
どんなシチュエーションで、どんなタイプの人間が持つと似合うのか。
作りっ放しではなく、持つ人がどうすれば最も輝くのか、土屋らしい心のこもったものづくりだ。

鞄を持つ時、使い勝手がいいことは勿論だが、誰しも格好良くありたいと思う。
「その鞄どこの?」「センスがいいね」と、言われたい。
技術、機能性、デザイン、どれが欠けていても良き相棒にはなりえない。

土屋鞄web

参考:土屋鞄製造所 https://www.tsuchiya-kaban.jp/

土屋鞄 ウルバーノシティトートの使い心地

購入したのはビジネス向きのトートバッグ。ブリーフケースほど堅苦しくないイメージが非常に気に入った。
シンプルで洗練されたフォルムに、ディティールがさりげなく凝っており、とても格好良いの一言。
タウン、カフェ、バーなどあらゆるシーンで存在感のある佇まいを見せてくれる。

シティトート01

後ろ部分のジッパーも良い。現在は何も入れていないが、便利な使い方を考えるとワクワクする。

シティトート02

内部はA4が楽々入る。財布、小銭入れ、手帳、ノート類、MacBook Airなどを入れてもまだ余裕がある。
(撮影時はMacBookを持ち歩いていなかったので、マフラーがある部分に入ると想定)
鞄そのものは軽い方だと思うが、重さを分散させるような作りではないので、PCを入れると重みがそのまま手に来る。
(重いのがむしろ好きだという人もいるようだが)
ちなみに財布は、これも日本製の「キプリス」のもの。鞄がややハードな分、小物はライトな雰囲気で合わせたりすると面白い。

シティトート03

革素材は、
イタリア・トスカーナ州のタンナー(革鞣し工房)が手掛ける高級革「バケッタ・ミリングレザー」。
植物タンニン()だけを使って牛革を鞣し上げ、天然オイルをたっぷりと加えて何ヶ月もかけて
じっくりと仕上げてゆくというもの。エイジング(経年変化)が素晴らしく、時間を重ねるたびに色味と風合を深め、
光沢が滲み出てくるらしい。このタルトタタンのように、飴色にツヤが出てくるということだ。

タルトタタン

1年愛用で下の画像のような、深い飴色に変化するそう。長く愛用して、育てていきたい鞄だ。

以上、日本ブランドの鞄と、土屋鞄の魅力を紹介してみた。
職人の手によって生まれた日本ブランドの品物は有名な海外ブランドにも全く引けを取らない。
ぜひ選択肢の一つに入れてみて欲しい。
日本の良い物を適正価格で購入することで、職人を絶やさず守って行くことにも繋がる。

悪目立ちせずにフォーマルなどでも使いやすいので、良質な鞄をさりげなく小粋に持てば、あなたの魅力がより輝きそうだ。


記事中の「土屋鞄」はこちらで購入が可能です。
(革目などは1つ1つ異なりますので、可能なら店舗に行き実際に目で見て選択することをお勧めします。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA