書籍『デイトレード』から学ぶ、初心者から中級者へのステップ【要約・図解】

デイトレーダー_初心者01

今なお、株・為替のデイトレードの教本として人気のある書籍『デイトレード』。

本書から、重要なポイントを要約して「初心者から中級者へのステップ」と「上級者になる方法」と2つの記事に分けて完結に図解でまとめました。ぜひ時短で習得してください。

書評

2002年に発行され、日本では2020年現在第35刷目と超ロングセラーの人気書籍。
オリバー・ベレス氏とグレッグ・カプラ氏(プリスティーン・キャピタル・マネジメント社の共同創業者)による、デイトレーダーのためのトレーディング哲学(正しい知識と思考法)を書いた本です。
著者のお二人は現在も現役で、オリバーさんはyoutubeでも意欲的に動画を出されています。

元々こちらの書籍は2部構成で、第1部は知識、第2部は具体的な手法ということですが、
日本では第1部のみ翻訳版出版されているようです。
具体的なテクニカル(チャート分析)分析はいっさい載っていませんが、デイトレーダーとして自立したい方には一度はぜひ目を通してほしい良書です。
290頁のボリュームですが、同じことを何度も繰り返し定着させるよう述べています。

本書から、重要なポイントを要約して「初心者から中級者へのステップ」と「熟練トレーダーになるために」と2つの記事に分けて完結に図解でまとめました。ぜひ時短で習得してください。

書籍『デイトレード』から学ぶ、初心者から中級者へのステップ

本書の内容を元に図解しました。私の経験から内容を加えている箇所もあります。

図解

デイトレーダー_初心者02

 

デイトレーダー_初心者03

 

デイトレーダー_初心者04

 

デイトレーダー_初心者05

 

デイトレーダー_初心者06

 

初心者に向けた『デイトレード』の重要ポイントまとめ

図解のおさらいをすると、初心者から中級者へのステップとしては、下記があげられます。これが基本軸となります。

  • step1 自分を知る
  • step2 先生を探し、いくつかのトレーディング手法に習熟する
  • step3 トレーディング日誌(トレードノート)を付ける
  • step4 日々、改善の種を植える時間を作る

そのほか、本書では、「内容のある書籍を補完的に読む」といったことも提案されています。

ここまでのステップをすでに済ませている方は大変な努力家で、この先も継続すれば、成功を約束されたようなものだと思います。
しかし、熟練トレーダーとなるまでに多くの方は何度もつまづき、勝ちきれないといった事が出てきます。

これらの悩みと改善方法が、この書籍の真髄というところですので
そちらは次の記事に図解でまとめたいと思います。ぜひ時短で習得してください。

※上級者編の記事はこちらです
>書籍『デイトレード』から学ぶ、上級者になる方法【書評・図解】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA